行政書士おおひら事務所

飲食店営業許可申請   日南・串間でご相談なら行政書士おおひら事務所

 

 

飲食店をオープンするときに必要な飲食店営業許可申請の代行を行っております。

 

 

 

許可要件

 

@食品衛生責任者がいること

 

A施設・設備が適していること

 

B欠格条項に該当しないこと

 

 

@食品衛生責任者がいること

 

飲食店営業の許可を申請するときに、施設ごとに「食品衛生責任者」を置く必要があります。
「食品衛生責任者」になれるのは主に次の2パターンです。

 

ア 栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、ふぐ処理師などの資格保持者

 

イ食品衛生責任者になるための講習会受講修了者
 ※県内各エリアで講習が開かれていますので、予約して受講できます。

 

食品衛生責任者になるための講習会について、昨今の新型コロナウィルスによる影響のため、宮崎県では講習会が延期する場合もありますので、申請時までに受講していない場合はご相談ください。

 

 

A施設・設備が適していること

 

各チェックポイントがありますので、着工前に事前相談することをおすすめしております。

 

B欠格条項に該当しないこと

 

欠格条項はT〜Vになります。

 

T食品衛生法又は食品衛生法に基づく処分に違反して刑に処せられ、その執行をおわり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しないこと

 

U食品衛生法第54条から第56条までの規定により許可を取り消され、その取り消しの日から起算して2年を経過しないこと

 

V法人であって、その業務を行う役員のうちに1または2のいぜれかに該当する者があること。

 

 

 

 

ご依頼からの流れ

 

ご相談・ご依頼
※営業方法によって別途風営法等の許可が必要な場合もあります。

 

 ↓

 

飲食店様の店舗計測・設備の確認
※厨房内の設備がまだそろってない場合はご相談ください。

 

 ↓

 

申請書類作成・保健所事前相談

 

 ↓

 

保健所申請書提出・立会検査日程の予約

 

 ↓

 

現地立会検査

 

 ↓

 

立会検査終了し、設備に問題がなければ許可

 

 

料金は?

 

日南市・串間市の飲食店様 書類作成・代行報酬 30,000円(税込)〜 

 

※別途、申請時に県の手数料約30,000円(県証紙代16,000円、宮崎県食品衛生協会の入会費、謄本など)受領させて頂きます。実費差額は報酬請求時に精算致します。

 

※1号、深夜酒類提供などの同時ご依頼時には割引あり

 

※会社設立時の電子定款作成も行っております。

 

 

ご依頼お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

page top