行政書士おおひら事務所

車のナンバーを変えよう!と思った時

 

自分ですきな4桁の番号にできる希望ナンバー制度があります。

 

この希望ナンバー制度は平成9年からはじまりました。
人気の番号(奇数1桁やぞろ目が多い)は抽選ですが、
その他の番号は抽選なしで予約ができ、
自分の名前の番号にしてらっしゃる方、お子様の誕生日など
覚えやすい番号にしてるかたも多いですね。

 

 

希望ナンバーおすすめの理由

 

@覚えにくい番号がくるときがある

 

Aゴロの悪い番号、希望したくない番号になるかも
「希望はないから、任意のナンバーでいいよ」ということで新しいナンバーを取得すると、
意外な番号になって、逆になんでこんなナンバー取ってくるの?と言われることもありました。
いえいえ、任意ですから、選んでないですと説明はするのですが・・・。

 

やはり、希望ナンバーをえらんでいたほうがよいですね。

希望ナンバーを申請するとき

希望番号申込サービスのホームページを開いて、
申込を押します。

 

次に「新規申込」
 ↓
説明や個人情報の取り扱いを読んで「同意」にチェック
 ↓
「申込フォーム」
 ↓
連絡先情報およびパスワードを入力し、「次へ」
 ↓
メールが届くので、記載のアドレスをクリック
 ↓
入力方法の「通常」か「簡易」を押して次にクリック
 ↓
車検証を見ながら自動車情報等入力
 ↓
私は3のぞろ目を狙ってみようと思いますので
抽選になる旨が表示されます。
 ↓
次の月曜日に抽選結果がでます。

 

抽選で当たれば4,100円(軽自・宮崎の場合)を払う(支払期限が短いので注意)
 ↓
(1ヵ月以内に)
希望番号予約センターで「予約済証」を受領
 ↓
運輸支局(軽自動車なら軽自動車検査協会)で届出
 ↓
希望ナンバープレート交付(軽ならドライバーで取付)

 

・・・という流れになります。

 

料金としては、
ペイント式2枚で4000円〜5000円
字光式2枚で6500円〜7000円
になります。

 

図柄ナンバー

 

また、いま図柄ナンバーをつける方もいらっしゃいますね。

 

 

軽自動車で白のナンバープレートを見たら、ラグビーナンバーか東京2020大会特別プレートになりなす。
ご当地ナンバーもあり、宮崎は太陽マークです。
個人的には山形のサクランボがかわいくてうらやましいです。

 

 

ちなみに図柄ナンバー申請と希望番号を申込できるのは次の方です。
(1)新規登録を行う場合。
(2)管轄変更を伴う名義変更(移転登録)または転居による住所変更(変更登録)を行う場合。
(3)現在のナンバープレートが紛失、破損、汚損して番号変更を行う場合。

 

名義変更がなく管轄が変わらないならば、図柄ナンバーと希望番号を同時に申し込めないのです。

 

 

(1)〜(3)の方でしたら、選択肢の一つになりますね。

 

料金は番号変更がなければ10,000円くらいになりそうです。
(カラーのナンバーは千円単位の寄付が必要です)

 

当たったら、月曜日の未明にメールが届くとともに、支払いの請求があります。
木曜日くらい(抽選から3日後)には支払い期日が設定されているので、無効にならないように早めに入金しましょう。

 

 

 

スケジュールに注意

 

希望ナンバーは申込→入金があってからナンバーが作られるので、交付開始まで入金から4日程度タイムラグが発生します。

 

軽自動車ならまだしも、封印が必要な普通車は車の手配にも関係してくるので十分余裕を持ちましょう。

 

 

 

 

page top